ジェルネイル

料金表

一色塗りカラー
6,000円
フレンチ
6,500円
定額アートA(90分)
6,500円
定額アートB(120分)
7,500円
定額アートC(180分)
8,500円
ワンポイント
ストーン1個  35円
パーツ1個 100円
カットストーン1個 150円
オーダーチップ
ブライダル・成人式
6,000円

マニキュアとジェルネイルの違い

少し前はネイルといえばマニキュアが主流だったものの、
それが、専用の溶剤で落とす事のできる「ソフトオークジェル」(ソフトジェル)の登場で、
一気にブームとなり主流になったのがジェルネイルです。

このページでは、マニキュアとジェルネイルを比べて、その違いをわかりやすくご紹介していきたいと思います。
自分にとって良い方がどちらなのかを選んでいただけたらなって思います♪

落とし方が違う
マニキュアは除光液で割と簡単にオフできますが、ジェルネイルは少々時間と手間が必要です。
除光液では落ちないので、専用のリムーバーを使ってオフします。
オフする前に、ジェルを削る手間もあります。(関連記事:ジェルネイルの落とし方)
持ちが違う
マニキュアはトップコートを塗り続けたとしても、10日はもたず先の方や根元から剥げてきてしまいます。
ジェルネイルは、正しく施術してあれば指先を駆使しても2~3週間はもちます。
そのまま4週間もいけると思います(爪に悪いので3週間を目途にオフした方が良いです)。
ツヤが違う
マニキュアは、塗った直後~2日目くらいまではツヤツヤピカピカでも、それを過ぎるとドンドン美しさは失われていきます。
ジェルネイルは、オフするその時までツヤッツヤの美しさが続きます。
この綺麗さは、ジェルネイルを初めてやったときに本当に感動しました。
強度が違う
マニキュアは塗っても弱い爪を補強することはできません。
ジェルネイルは、マニキュアよりも分厚く強度も高いので、綺麗に爪を伸ばす事ができます。
爪が弱く薄く、2枚爪で伸ばそうと思ってもすぐ割れてしまうような爪ですが・・・
ジェルネイルを塗ると爪が補強され、割れにくく厚みも出るし、綺麗に伸ばしていけます
(今は子供が小さいのであまり長くはできないのですが)。
※爪が薄く弱い人が注意するべきことは、サンディング不要、つまり自爪を削らなくてもよいジェルを選ぶ、ということです。
サンディングが必要なジェルは爪が益々薄くなってしまいます。ハードジェルも絶対に選んではいけません。
メリット デメリット
マニキュア ・除光液で手軽にオフできる ・持ちが悪い ・ツヤが続かない ・爪の強度はアップしない ・乾くまで時間がかかる
ジェルネイル ・持ちが良い(2~3週間平気でもつ) ・ガラスのように美しい。ツヤツヤの持続 ・爪の強度がアップするので綺麗に伸ばせる ・乾くの(硬化)が早い ・マニキュアと比べると、オフに手間がかかる

サロンで行う場合、費用がジェルネイルの方が高い、というのもデメリットに入ると思いますが
お仕事や育児で忙しい女性にとって、塗り替えが3週間も必要ない上にツヤツヤが持続するジェルネイルに人気があるのもうなずけます。

ネイルコース

フレンチ6500円

6500円

7500円

9000円

1色塗りカラー6000円

ワンポイント ストーン

ワンポイント 3D

ワンポイント ビジュー盛り

Gallery